肝臓病の種類

肝臓病の種類には、肝炎や肝硬変、肝臓がん、脂肪肝などが挙げられます。いずれも、体の中で重要な役割をする肝機能を弱めてしまう深刻な病であり、注意が必要です。

 

特に日本人に多い肝臓病の第1位とされているのが、ウイルス性肝炎です。食べ物や血液を感染経路としてウイルスが感染する肝炎ですが、アルコール性肝炎よりもはるかに多く、肝臓病の8割も占めているといわれています。

 

肝炎にも様々な種類があり、A・B・C・D・Eと分類されています。D型やE型の肝炎は日本では滅多に発生せず、ほとんどがA型、B型、C型の肝炎です。

 

最近では血液を感染経路とする肝炎が減少しているようですが、なくなったわけではありません。他の感染経路では、水や体液、食べ物などがあります。

 

恐ろしいと思うかもしれませんが、実は肝炎は気づかぬうちに感染して気づかぬうちに治っている場合も多いのです。肝臓が健康であれば、働きもので頑丈な肝臓が病気を治してくれるというわけですね。

 

しかし、急性肝炎となったり持続感染から慢性肝炎を発症したりすると、数ヶ月以内に脂肪したり入院して闘病生活ということになる確立も高くなります。

 

慢性の肝疾患がもとで死亡する割合は、どの年代でも上位を占めています。年間4万人もの肝疾患による死亡者がいるうち、3万人は肝臓がんで死亡しているそうです。

 

肝硬変などから肝臓がんへと進行するケースも珍しくなく、肝機能を低下させてしまうことはどの肝臓病にかかっても生命の危険につながりかねないということになります。