肝硬変とは

肝硬変というと、お酒の飲みすぎや食べすぎに気をつけなかった人がなる病気のように思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、日本人にアルコールを原因とした肝硬変は少なく、多いのがウイルス性の肝硬変だといわれています。B型肝炎やC型肝炎という病気を見聞きしたことが、ないでしょうか。

 

特に、C型肝炎ウイルスをもととする肝硬変は、日本人の肝硬変の半数以上を占めているそうです。なぜ肝炎のウイルスが感染するのかというと、食べ物を媒介としていたり血液を媒介としていることがあります。

 

A型やE型と呼ばれる肝炎ウイルスは、食べ物を媒介に感染することが多いようです。B型、C型、D型の肝炎ウイルスのほとんどの感染源は、血液です。

 

輸血であったり、母子感染の場合もあり、知らない間に肝炎ウイルスに感染していることもあるのです。肝炎になると肝臓の細胞が破壊されてしまうので、肝機能が低下してきます。

 

よく肝臓が悪いと皮膚が黄色くなるといいますが、これを黄疸といい、他にも倦怠感や食欲不振、吐き気などの症状が出ることが多くなります。ただし、症状がないままに病気が進行していくこともあるのが困ったところです。

 

肝炎が慢性化してくると、肝硬変や肝臓がんに進行する確率が高くなります。自分のせいではないのに肝炎に感染して肝硬変になってしまうのはやり切れませんが、肝炎というのはそれだけ恐ろしい病だということです。

 

また、他にもアルコールの過剰摂取や脂肪肝なども、当然のことながら肝機能を弱めて肝硬変になる原因となりえます。