肝臓の数値ALT(GPT)・AST(GOT)とは

健康診断で数値を気にする人が増えてきましたが、中でも肝臓の数値で関係してくるのがALT(GPT)やAST(GOT)です。

 

いずれもアミノ酸を生み出す酵素のことで、ALT(GPT)の多くは肝臓にあります。AST(GOT)の場合は、肝臓以外に心臓や筋肉、赤血球などに存在しています。

 

肝細胞がダメージを受けると、血液の中に酵素が流れ出します。そのため、ALT(GPT)やAST(GOT)の数値が上がり、これにより肝機能の異常が判明します。

 

特に、ALT(GPT)のほとんどは肝細胞にあるわけですから、肝臓病におかされている可能性が高まるのです。また、ALT(GPT)がAST(GOT)よりも高い数値をとっている場合には、脂肪肝や慢性肝炎が疑われます。

 

逆に、AST(GOT)がALT(GPT)よりも高い数値のときには、肝硬変や肝臓がん、アルコール性肝炎、あるいは心筋梗塞などの疑いがもたれます。

 

検査によって出る数値の正常値は、AST(GOT)・ALT(GPT)ともに40IU/L単位以下とされています。もしもこれらの数値が40IU/L単位以上で100以下の場合には慢性肝炎や肝硬変、脂肪肝などの可能性が、100以上の場合にはウイルス性肝炎の可能性があります。

 

最近では、ALT(GPT)の基準値が改変され、31以上で肝臓の異常が疑われるとされています。いずれにしても、正常値を超えている場合には何らかの肝臓へのダメージがかかっているということです。日常的な生活習慣を見直すことも大事にして、肝機能を高めるためにできることは努力していきましょう。