タウリンの多い食品・食べ物

 

日常的にもタウリンを摂取することはよくあるのですが、具体的にタウリンが多く含まれている食品って判りますか?

 

タウリンを含んだ食品が判れば、意識的に食事に組み込んで摂取することが可能ですから、興味があるのでしたら是非この機会に覚えてくださいね!

 

また、タウリンは効果を実感しようと思ったら3000mg摂取する必要があると言われていますから、大体の含有量も併せてご説明します。

 

特にタウリンが多く含まれているのは魚介類になります。

 

まずは魚類にピックアップ

 

真だこ 900〜1670mg
ヤリイカ 700mg
カツオ 160mg〜830mg
ブリ 180mg〜670mg

 

スルメイカ 360mg
その他 200mg程(アジ・サンマ・サバなど)

 

次に貝類に注目

 

貝類は比較的大粒だとかなりの量のタウリンを含んだものが多いです。

 

サザエ 1500mg
ホタテ 670〜1000mg
牡蠣 70〜1180mg
アサリ 210〜420mg
ハマグリ 550mg
シジミ 30mg
クルマエビ・タイショウエビ 200mg
アマエビ 60mg

 

どれくらい摂取すれば効果を実感できるの?

 

 

最初にも書いたように、効果を実感するには1日に3000mgほど必要です。日頃から魚介類をよく摂る方でも3000mgはなかなか難しいかと思います。

 

しかし現在は栄養ドリンクやサプリ等でタウリンの含有量が多いものも販売されています。効率よく摂取されたいのでしたら、そういった健康補助食品の力を借りてみても良いですね♪

 

1日3000mgも補給は難しいですが、少ない量でもその分吸収力が高く安心して飲めるのが牡蠣エキスが詰まった肝パワーEプラスレバリズム-Lになります。

 

どちらも国産のブランド牡蠣から抽出した栄養を配合したタウリンサプリです。

 

前へ | 次へ