タウリンは肝臓病に効く

MENU

タウリンは肝臓病に効く

「肝臓にタウリンが効く」と聞いて、タウリンに興味をもたれた方も少なくないかと思います。実際タウリンが何故肝臓病や肝臓自体に効くのか、どのような働きをするかご存知ですか?

 

タウリン自体は肝臓だけでなく、心臓や脳、他にも血液や神経など命にかかわる機能の促進に関係している栄養素なんですよ。ですから多く取ることで、肝臓以外の臓器や生命維持に必要な器官を保護し、病気を未然に防いでくれる効果を発揮します。

 

体内に入ったタウリンは、肝臓病も含め数々の病気、しかも生活習慣病に効果があるとされています。また疲労回復にも効果を発揮しますので、その点でも様々な病気の予防にも繋がります。具体的に予防出来るとされている病気は糖尿病や高血圧、動脈硬化などになります。

 

いずれも肝臓が弱ることで起こる病気ですから、それを抑制するという点で、タウリンは肝臓に効果があると言えるでしょう。

 

働きとしてタウリンが肝臓にどのように作用するかと言うと…

 

・肝細胞を保護する役割があり、外からの悪影響を受けにくくします。
・一般的に二日酔いの原因として有名なアセトアルデヒドの分解を助けてくれます。
・胆汁酸と結合することで、脂肪肝の原因であるコレステロールの排泄を促進します。
・アルコールを摂取することで過酸化脂質が生成され、肝臓を攻撃します。この過酸化脂質=活性酸素を消化除去する効果がタウリンには備わっています。

 

最後の部分はそのまま老化現象にも結び付きます。人間は年を重ねるごとに徐々に色々な器官が弱ってきます。肝臓もしかりです。

 

そんな肝臓を元気な状態で保つ為には活性酸素を出来る限り抑える必要があるんですよ。まさにタウリンには活性酸素を抑制する作用が備わっていますから、肝臓の病気を防ぐためにもタウリン摂取はオススメです。

 

タウリンサプリランキング第1位は?

 

前へ | 次へ