タウリンはコレステロールを下げる

MENU

タウリンはコレステロールを下げる

タウリンはタコやイカをはじめとした魚介類に多く含まれているのですが、魚介類をあまり食べない人にとっては不足しがちな栄養素といえます。

 

アミノ酸の一種であるタウリンが不足すると、他のアミノ酸の合成にも影響が出てきます。タウリンそのものの影響としては、コレステロールを効果的に低下させられるというメリットがあります。

 

胆汁酸の働き

 

現代の食生活では、どうしてもコレステロールがたまりがちになってしまいます。修行僧のような気持ちで食事に気を遣っていないと、あっという間にコレステロールが蓄積された状態を指摘されるでしょう。これを防ぐには、肝臓の働きを活性化させることが不可欠です。

 

なぜなら、肝臓では胆汁酸が生成され、胆汁酸はコレステロールを排出してくれるからです。ところが、現代人は肝臓に負担をかけるような食生活や生活習慣を送りがち。

 

肝臓に負担がかかれば当然のことながら胆汁酸も生成されにくくなるため、コレステロールは余計にたまりやすくなるのです。

 

肝臓の仕事を増やしてしまうのが、アルコールの飲みすぎや慢性的な飲酒、喫煙、食べすぎなど。これらを改善しつつ食生活にも配慮しなければ、肝臓は健康に働いてくれないでしょう。

 

タウリンで胆汁酸充実

 

タウリンには、胆汁酸の分泌を高めてくれる働きが期待できます。魚介類に多く含まれるタウリンですが、調理で加熱をしても栄養が壊れることはありません。

 

しかし、一方では水溶性のために調理によってタウリンが外に流れ出してしまう確率が高いという難点があります。これを防ぐためには、調理したときの煮汁やいためたときに出た水分なども一緒にとることをおすすめします。

 

また、魚介類の中でも甲殻類や貝類に多いタウリン以外に、これらの食品にはコレステロールを吸収しにくくするシトステロールという成分が含まれていることがあります。また、食物繊維であるキトサンを多く含む場合には、コレステロールを排出しやすくしてくれるため、一石二鳥です。

 

タウリンサプリランキングへ